イメージ画像

CFDトレードに欠かせない、専用口座開設はココが最適!

お金を銀行に預けて貯金するためには銀行での専用口座が必要です。株式取引で資産運用するには、証券会社で専用の証券口座を開設しなければなりません。FX(外国為替証拠金取引)も同様でFX業者での口座がないと取引できません。さて、CFDはどうなんでしょうか。CFD取引も専用口座がないと取引できないのでしょうか。

答えは、CFD取引も上記3つと同じく専用口座が必要です。ちなみにこのCFD取引を簡単に説明しておくと、差金決済取引のことを指しています。FXも差金決済取引の一つですから、CFD取引の一つがFXと覚えておきましょう。CFD取引はその他、国内や海外の株式、株価指数や債券、商品先物などにも投資が可能な取引です。このCFD取引を扱う業者はいくつもありますが、各業者が扱う銘柄や手数料は異なります。ですからCFD取引を行う上でも業者選択がとても重要なのです。ではCFD取引に欠かせない専用口座はどの業者がベストな選択でしょうか。幾つか業者を見てみましょう。

CFD取引において最近人気が高いのは「DMM.com証券」でしょう。なぜこのDMM.com証券は多くのトレーダーの支持を得ることができているのでしょうか。DMM.com証券はとりわけ初心者から好まれがちですが、扱い銘柄は7銘柄です。選び抜かれた7銘柄でCFD取引に集中できるのが好評のです。そしてスプレッドの安さもかなり重要視されています。DMMはFX取引においてもスプレッドが安く人気の要因となっていましたが、このCFDにおいてもスプレッドの安さが好まれているのです。結局スプレッドは取引コストの半分以上を占めていますので、スプレッドが安いDMM.com証券が選ばれるのもうなずけます。

「マネーパートナーズ」のCFD取引も人気を集めてきました。FX業者の中でも質の高い、サービス豊かな信頼度抜群のマネーパートナーズですが、CFD銘柄も取扱っているんです。ただ、取扱銘柄は2つ、金と銀です。このシンプルさがかなりうけているようです。しかも、マネーパートナーズをメインで利用するFXトレーダーがリスクヘッジの為に、同業者でCFD取引をするというパターンもけっこうあるようです。システム力も業界最高水準ですから、CFDに関しても安心して取引できますね。

後は「GMOクリック証券」も初心者にオススメです。このGMOクリック証券は、FXトレーダーからの評価も非常に高い業者です。とりわけ取引ツールがかなり使いやすく、差金決済取引を始めてする方でも安心して取引できるでしょう。人気の高い46銘柄が取引可能ですから、この業者で口座開設しCFDにトライするのも良いでしょう。

上記3業者はとりわけCFD初心者にオススメです。ちなみに上記3業者はすべてFX業者でもあります。CFDの一つとしてFX取引ももちろん可能です。その時の相場動向などを考慮して上手に使い分けて取引していくと良いでしょう。


このページの先頭へ