イメージ画像

なぜ今は金投資CFDに着目すべきか、その疑問をここで解決!

1ドル360円の固定相場制の時代、アメリカは金本位制を採用していました。それはどのような制度なのかを話すと長くなってしまうのでまたの機会にしたいと思いますが、この金本位制の根底にあるもの、それは大部分の人が金を資産価値として重要視していた、ということです。ですから金本位制を採用できていたわけです。ニクソンショックの後は、経済の機構・制度が大きく変わりましたが、金は今でも資産価値として重視されています。安全資産としても人気です。その証拠にサブプライムローン問題やリーマンショックの後は、金の価格が高騰しています。安全資産として多くの人の買いが集中したからです。

金の価値が高騰している今、私も金を買いたい!と思う方は少なくありません。では金を手軽に買う方法は...もちろんそれはCFDです。CFDのコモディティ商品として金は人気があります。あなたもCFD取引で金の売買を手掛けてみるのはいかがでしょうか?

一般に金を買うにはかなりの資金が必要になりますが、CFDなら少額の証拠金でレバレッジを利かせて取引できるため、莫大な資金は必要ありません。金を扱っているCFD業者もたくさんありますから、まずはそれら業者のデモ口座を開設し、金の売買がどのようなものか見てみると感触がつかめると思います。

またCFDなら原則24時間取引が可能です。金価格が高騰したり下落したりしても、すぐに対応可能です。またCFDの大きなメリットは、買うだけでなく売ることからも取引を始められる点です。金が安全資産と分かっているので多くの投資家が金を買った結果、金の価格は高騰しています。かなり高騰した今から買うのは、ある意味リスクが高い取引となります。金バブルではありませんが、値が上がり続ける投資商品は無いと言われています。いつか値が下落する可能性があります。

CFD取引なら金を売ることから始められるので、リスクにも容易に対処できます。今後さらに金の価格が上がるようであれば買いポジションを建てれば良いですし、今後は値が下がると思えば売りポジションを建てれば良いのです。CFD取引はリスクにも対処しやすい取引なのです。安全資産を求めて世界中のトレーダーが金に着目しています。それだけ投資の価値がある時なのです。あなたもこれからCFD取引を始めるならば、是非金CFD取引で勝負してみるのはいかがでしょうか?


このページの先頭へ