イメージ画像

臨機応変に!海外株式をCFDで取引しよう!

株式取引と言っても、非常に奥が深い取引です。対象は一企業とはいえ様々な要因が関係してくる取引です。一筋縄ではいきません。日本人なら日本の企業の株式、国内株式を取引するのは比較的簡単だと思うかもしれません。確かに国内企業と自分の生活が密接に関係していますし、一つ一つの企業分析は比較的容易にできます。しかし、今の日本国内企業の将来性はあまり感じられないのが現状です。震災からの復興が精一杯で、将来性豊かとはお世辞にも言えません。数ある国内企業から将来性豊かな企業を探すのは非常に難しい話です。

国内がダメなら海外だ!と思うかもしれませんが、海外の企業だと企業の実態を把握するのが困難で、尻込みすることもあります。よく分からない海外企業に何十万何百万とかけて投資するのも現実的ではありません。お先真っ暗と感じるかもしれませんが、それもまた違います。賢い投資法があります。それはCFD取引を利用して株式売買する投資法です。海外株式CFD取引なら、さまざまなメリットがありますし、とっても簡単に海外株式取引ができるんです。では海外株式CFD取引にはどんなメリットがあるか、幾つか見てみましょう。

通常の海外株式取引では、取扱銘柄は限られています。しかしCFDでしたら、約5000銘柄も取引可能です。もちろん各業者によって取引銘柄は異なるので、取引したい銘柄がある時は事前に調べておきましょう。CFD利用の海外株式取引なら、あのアップルやマイクロソフト、インテルといった世界でも有数の企業の株式を売買できるわけです。考えるだけで興奮しませんか。

海外株式を取引する場合、通常でしたら取引時間に制限があります。証券会社によって取引可能時間は異なりますが、時間制限がたいてい設けられています。しかしCFDは原則24時間取引可能です。買いたい時に買い、売りたい時に売れます。リーマンショックや記憶に新しい東日本大震災のような経済動向が激変した時でも、すぐに対応が可能なのです。通常の株式取引の場合はそうはいきません。

また資金面でも負担が少なくて済みます。CFDの場合証拠金があればその数倍の量の株式取引が可能ですし、通常の株式取引に比べて取引手数料も格段に安いです。大きな違いとして、CFD取引は買いからでも売りからでも取引を始められるのに対し、通常の海外株式取引は基本的に買うことしかできません。利便性の面でも優位に立つ海外株式CFD取引なのです。

このように、CFDでの取引には幾つものメリットがあります。通常の株式取引で言う「空売り」を活用し、どんなシチュエーションでも臨機応変に稼ぐことにしましょう。


このページの先頭へ